Keep reaching for the stars of 990 on the TOEIC

4ヶ月の集中学習で過去ベスト860点から昨年1月に960点達成、そして半年後に990点を目標に再出発し12月に985点取得。    9ヶ月間の休養を経て990点満点に向け再々始動します!




スポンサーサイト




上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:-- -
  2. スポンサー広告 -
  3. トラックバック(-) -
  4. コメント(-) -
  5. ↑TOPへ



Part3&4のリスニング復習は1.1倍速に変更しました。




シナゴン950のPart3&4のリスニング復習でやっていた
1.2倍速リスニングですが、その後、1.1倍速に変更しました。

というのは、韓流リスニング本の場合、
同じテストの中でもナレーターによって話す速さに差があることがあり、
遅いナレーターもいれば速いナレーターもいます。
模試によっては、同じ模試のPart3&4の中で
遅いナレーターの1.2倍速ぐらいで話すナレーターもいます。
遅いナレーターや普通の速さのナレーターなら
1.2倍速でもいいのかもしれませんが、
そのまま聞いても話すのがやや速いナレーターで1.2倍速は
たとえ聞き取れても理解してついていくはちょっときついレベル
ではないかと感じました。
そこで、Part3&4の復習時には1.1倍速で聞くことで落ち着きました。
結局、そんなに速さにこだわらなくても
気持ち程度に若干速くするだけで十分なのではないかと思っています。
その点では、韓流リスニング本の場合1.1倍速ぐらいが
ちょうどいいのではないかな、と感じています。

参考に、
47秒のPart3のトラックの場合、
1.1倍速では42秒
1.2倍速では38秒でした。


ところで、コクジトジョム1LCにはスクリプトがなく、
ヘソルジプを別途購入しなければならないようなのです。
ところが、ブロガーさんの情報でもYES24のレビューでも
問題集にヘソルジプがついてきたとのことですので、
YES24顧客満足センターに英語で問い合わせをして
2回やりとりをしたのですが、
過去には問題集にヘソルジプがついてくるキャンペーンが
実施されていたようですが現在は終了しているとこことでした。
しかし、Google Chromeで
YES24サイトのコクジトジョム1LCヘソルジプの紹介ページ
の説明をよく読んだところなんと、
「!問題集買い上げヘソルジプが贈呈されます。」
という注意書きのような説明がありました。
さらにGoogle Chromeの翻訳を改善すると、
「!問題集購入時ヘソルジプがプレゼントされます。」
というきれいな翻訳になりました。
これはいったいどういうことなのだろうか?
キャンペーンが終わったという回答をもらったのに、
ヘソルジプのページの方には「プレゼントされます。」
と書かれてある。
ヘソルジプのページ上の情報が削除され忘れているのか?
それとも顧客満足センターの担当者の間違いなのか?
スポンサーサイト
  1. 2013/03/28(木) 00:18:27 -
  2. 未分類 -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:10 -
  5. ↑TOPへ



ECONOMY 2 LC 1000第の著者による近刊情報ですが、1つ問題判明。




ECONOMY 2 LC 1000第(10回模試の最初に出た方)の著者Jim Leeによる
近刊情報が目に留まりました。
この近刊リスニング模試本は今月27日に発売予定です。

The TOEICより良い実戦LC 1000第 [The TOEICより良い実戦シリーズ]
ジムリ(Jim Lee)私| K-LAB | 2013.03.27
x9788998471026.jpg

http://www.megaenglish.net/language/khSchool/k_lab/K-LAB_01_books_read.asp?book_cd=5605

ところが、1つ問題が判明しました。
出版社サイトで試しに前もってこの本のMP3ファイルを
ダウンロードしようとしたのですが、会員登録が必要で、
この出版社の場合、会員登録はどうやら韓国国内在住者しかできないようです。
ただ、この本の著者からして、きっと質の高い信頼できるリスニング模試本だろう
と思い、非常に関心がわいてきました。

そこで、Andyさんのブログで、
Andyさんが同じようなケースで過去に起こされたアクションを参考にし、
僕もこの出版社宛てに、海外在住の外国人が会員登録しMP3ファイルを
ダウンロードするにはどうしたらよいのか尋ねるメールを英語で作成して
送りました。

取り合えずメールを送ったばかりなので、2,3日返信を待ってみます。
どなたか賛同して下さる方がおられると幸いです。

ところで、毎年発売されているECONOMYシリーズですが、
第6弾の発売は今のところ発表されないままですね。
やはり今年の発売はないのでしょうか?
ふと気になりました。
  1. 2013/03/22(金) 21:02:57 -
  2. 未分類 -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:6 -
  5. ↑TOPへ



Part3&4の倍速リスニングへの考察




前回の記事で書いたように、
Part3&4の1.2倍速リスニングを思いつき試しているところです。

この方法について個人的に注意すべき点など少し考察してみました。

・倍速は速すぎると自然さが崩れ、
 機器によっては音割れや音トビも発生するので
 1.2倍速までにする。

・初見の問題は必ず元の音声で聞いて解くようにし、
 1.2倍速リスニングは答え合わせが終わった後で、
 復習で繰り返し聞く時のみにする。

・まずは元のスピードできちんと聞き取れて理解できることが
 大前提で、それがクリアできた上で速聴スキルを養うための
 1.2倍速リスニングである。

今1.2倍速で試しているのが、シナゴン950のPart3&4のうち
一度後読みドリルを行ったTest回の復習です。
ます一番後ろのTest11,12の復習で試したのですが、
けっこうスピードに慣れるのには効果ありそうだと思いました。

それからファイルの変換方式を少し変えて、
元のMP3ファイル⇒1.2倍速WAVEファイル⇒1.2倍速AACファイル(320kbps)
というようにしました。
当初1.2倍速MP3ファイル(128kbps)に変換していたのですが、
これだとitunesで聞いた時はきちんと聞けても、
僕のipod shuffleに入れたとたん頻繁に音トビを起こしてしまいました。
そこで、ファイルの質を上げてみたら、
ipod shuffleに入れてもきれいに聞くことができました。

ハードの方を1.2倍速できるウォークマンなどに買い換えるという方法も
あるようですが、けっこう値段が高いのが非常にネックです。
その点、音声ファイル倍速変換は多少手間はかかるものの
お金は全くかかりませんし、
音質も僕の試した方法ではそれほど差し支えないほどの
きれいな状態を保っています。


ところで、リスニングに関連して、
VOZEさんから頂いたコメントをヒントに
これから韓流LC本もシナゴンなどの易しめのものだけでなく
ECONOMY LC第3弾~5弾、トマトFinish1000LCなどの
高地本にも徐々に取り組むべきかと考え始めました。
  1. 2013/03/20(水) 02:28:42 -
  2. 未分類 -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:2 -
  5. ↑TOPへ



悔しい気持ちとリベンジに向けての今後の対策




コメントへのお返事と内容が重複して恐縮ですが、
気持ちの整理として書きとめておきたいので記事にします。

17日は本当に悔しくて悔しくて
夕方、家に帰ってから、昼食抜きのままですぐに
ひたすらPart3&4のリスニング演習ばかりしていました。
夜も気が立ってなかなか寝られず、
深夜4時頃までリスニング演習や今後の対策に悩み明け暮れていました。
TOEICでこれほど悔しい思いをしたのは本当に初めてのことです。

3月を最後に当分TOEICから離れる予定でしたが、
できるだけ早くリベンジを図りたいので、
予定を撤回して5月あたりにもう一度受験することも
検討し始めたところです。
ただまだ他の予定もどうなるかわかりませんので、
正式に受験するかどうかは4月に入ってから決めたいと思います。

Part3&4に関しては、
みなさんの感想では普通や易しめ、ゆっくりなどで、
いつもより速くて難しく感じた僕とは全く反対でしたので、
やはり、緊張していたり焦りがあったりで気持ちの問題
だったのかもしれません。

しかし、主観的に速く感じたのは事実なので、
今後の対策をあれこれ悩みながらずっと考えた結果、
今までの解いてきたPart3&4のMP3ファイルを
1.2倍速に変換して何度も聞き返すことを考えつきました。
話すスピードが多少速くてもそれほど違和感なく
自然さを保てるのは1.2倍速ぐらいまでだろうと思います。
変換方法なのですが、
まず、MP3ファイルをWindows Media Playerで
WAVEファイルに倍速変換できるプラグインをインスト-ルし
これを用いてMP3ファイルを一旦1.2倍速のWAVEファイルに変換、
そしてこのファイルをReal Player Converterで
MP3ファイルに戻すという方法を取りました。
他にもいろいろ試したのですが、
この方法が断然一番音声の自然さが崩れずベストだと感じました。

  1. 2013/03/19(火) 02:48:24 -
  2. 未分類 -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:2 -
  5. ↑TOPへ



今日の公開テストはボロボロでした・・・。完敗です。




今日の公開テストですが、正直に申し上げるともうボロボロでした・・・。
ちなみにフォームは4JIC7です。
おそらく、700点台に陥落でしょう。

やけに緊張していたこともあるのですが、
Part3&4がどうしようもないほど聞き取れませんでした。
リスニングに関しては、ここ1週間でフルで6セット、
そのうち昨日にもフルで2セット解きました。
加えて、さらに今朝もPart3&4のみを1セット
出発直前と電車の中で合わせてさらにPart3&4のみを1セット
解いたのでリスニングの準備はある程度していたつもりでした。

しかし、リスニング対策は今回に関しては全く無意味で効果なしでした。
今回はやけに緊張しすぎていたせいもあったのか、
Part3&4の最初の会話でいきなり聞き逃し、
それが尾を引いたのかリズムを一気に崩し、
それ以降もどうも聞き取れないところや聞き逃したところが多く
本当にボロボロで手に負えないほどでした。
半分ぐらい適当にマークしたかもしれません。
感触としてはおそらくリスニングは350点レベルでしょう。
明らかにナレータが変わったのは気づきましたが、
Part3&4の会話、トークが話されるスピードが
何か今までよりも急に高速になっていませんでしたか?

リーディングも、Part7に53分ほど残っていたので、
普通に解いていれば時間内に終わっていたはずですが、
どうも正解となりそうな選択肢の根拠がなかなか選べない問題で
手間取って時間を食われてしまい、
部分的に飛ばした問題、解ききれなかった問題合わせて
実質5問以上塗り絵になってしまいました。

今回を持って数ヶ月~半年ぐらいTOEICから離れる予定だっただけに
非常に後味の悪い締めくくりになってしまいました。
800点割れはほぼ確実です。
いつかまた出直して再度900点を目指してリベンジしたいと思います。

このままではやはり僕は実質900点台ホルダー剥奪に値すると思います。
前回の960点はやはり奇跡のまぐれだったに違いありません。

ただ、教員採用試験や講師採用選考でアピールする正式な資格として、
900点以上のスコアを達成したった僕としては、
前回に一応、大幅にスコアは達成できたので、
提出してアピール正式なスコア証明として今回の公開テストのスコアは
前回のスコアを更新しない限り当面の間は全く影響はありません。
ですが、教員採用試験で高い英語スキルを持つ英語科志望受験者に対して
専門英語の筆記、実技の免除などの優遇措置がある場合、
その際に提出を求められる英語スキルの証明として
永久的に有効な英検の取得級と違って、TOEICのスコアには
2年間の有効期限を設けているところが多いです。
そのことから、客観的にTOEICのスコアは
2年以内に更新できなければ正式なスコア証明としては無効と
見なされることもあるということでしょう。

ですから2年以内に960点を更新することを大きな目標に
またいつか再出発して必ずリベンジしたいと思います。

ただ、今回に関しては全くの完敗です。
このままでは能力的に900点台TOEICkerとはお世辞にも言えないです。
これまでのスコアから平均的にはまだまだ800点台TOEICkerかもしれないです。

しかし・・・
表向きに教員採用試験、講師採用選考では
自分の本当に目指す職を手に入れるためにTOEIC960点を大いにアピールします。
  1. 2013/03/17(日) 20:28:00 -
  2. 未分類 -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:16 -
  5. ↑TOPへ



コクジトジョム的中実戦RC Part7はTest6とTest7が超易しい!




公開テスト直前期なのと、いろいろ用事あったりで
ブログを更新する暇があまりないので手短にします。

結局、リーディングは、最近あまり時間がないので、
コクジトジョム的中実戦1000第RCのPart7に絞って時間を計って演習をしています。
このリーディング模試のPart7は文章量が多くて
Test5まではずっと難しいというイメージだったのですが、
Test6とTest7のPart7は1月の公開テストと同レベルか
もしかしたらそれより易しくて超易しかったです!
文章量が激減、問題も答えやすいものばかりでした!

結果は次の通りです。

TEST3 63分 2問ミス(158,191)

TEST4 62分 4問ミス(154,164,191,195)

TEST5 58分 3問ミス(159,178,188)

TEST6 46分 1問ミス(153)

TEST7 49分 1問ミス(200)

Test5までの文章量の多さと難しさがまるで嘘のようです。
どなたかコクジトジョム的中実戦1000第RCのTEST6以降を解かれた方おられるでしょうか?
Test6とTest7の超易化は、
Test5までの難しさとあまりにもギャップがありすぎて仰天です!
明日は公式実践RCを何セットか解いてリーディングは締めくくる予定です。

リスニングはトマト2とコクジトジョム2を交互に演習していますが、
トマトは確かにやる気がなさそうなダレダレの女性ナレーターは
聞き取りにくいです。
シナゴン以外のリスニング本を久しぶりに取り組んでいますが、
やはりシナゴン本のリスニングは改めてどの本も
トマトシリーズやコクジトジョムシリーズなど他の韓流本に比べて
素直で易しめではないかと痛感しました。
  1. 2013/03/15(金) 19:37:46 -
  2. 未分類 -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:2 -
  5. ↑TOPへ



シナゴンTOEICの950 LC TEST 2, 3, 4, 5




この前に記事で書いたように、
シナゴンTOEICの950のLCをヘソルジプを用いて取り組んでいます。
但し、
Part1は1文1文の聞き取り確認のみで得点カウントなし、
Part3,4は会話、トークごとの設問後読みドリル形式で
解いています。

結果は以下のとおりです。

・Test2 
 Part2 全問正解 Part3 2問ミス(54,67) Part4 2問ミス(91,94)

・Test3
 Part2 3問ミス(25,32,34) Part3 全問正解 Part4 2問ミス(73,90)

・Test4
 Part2 2問ミス(21,33) Part3 4問ミス(58,62,63,67) Part4 2問ミス(89,96)

・Test5
 Part2 1問ミス(39) Part3 1問ミス(65) Part4 1問ミス(72)

Part3&4の会話、トークではたまに聞きなれない内容展開があるもの
おおむね普通のレベルだと思います。
ただし、選択肢に、正解になりそうな語句を一部含むが内容的に誤りの選択肢が
時々あって紛らわしいので、引っ掛からないように注意が必要です。
総合的にはシナゴンFinalシリーズのLCより若干難しいのかもしれません。
シナゴンFinalシリーズのLCには確かそんな紛らわしい引っ掛けの選択肢は
なかったように思います。

他のブロガーさんでシナゴンTOEICの950のLCを解いた方の感想が
気になっているところです。
VOZEさんかOJiMさんがレビューされるのを是非とも期待しております。


Part3&4の設問後読みドリルですが、これは改めて是非お勧めだと思っています。
パートを一気に解いている訳ではなく
へソルジプをそのまま使用しており会話、トークの後ごとに1回1回
立ち止まってへソルジプの設問を見て解くという形式であるものの、
正解率は意外と先読みとほとんど変わらないか若干劣る程度です。
ということは模試で設問先読みで解く場合でも
会話、トークの3問中最初の森タイプの問題の設問は思い切って
別にすべて後読みでも全く差し支えないのではないかとふと思いました。
設問後読みだと会話、トークの内容の流れや詳細を
できる限り記憶に残そうという意識が普段より働いていることに気づきました。
後読みに慣れていれば、もし先読みで木タイプの問題を読み逃したとしても
後読みで対処できる可能性がかなり高くなると思います。
どなたかPart3&4を設問後読みで試されたことのある方おられるでしょうか。
負荷トレーニングとして是非とも試す価値ありです!

ところで、Part2は復習用音声を用いて一気に解いているのですが、
もしかしてテスト用音声より問題と問題の間のポーズの時間が少し短い
のでしょうか?
なんかPart2も普段より音声のテンポが解くのが忙しないなあと思いました。

[シナゴンTOEICの950 LC TEST 2, 3, 4, 5]の続きを読む
  1. 2013/03/08(金) 23:57:49 -
  2. 未分類 -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:2 -
  5. ↑TOPへ



コクジトジョム的中実戦1000第RC TEST2のPart7




コクジトジョム的中実戦1000第RC TEST2のPart7をやりました。
結果は次の通りです。

TEST2 60分 4問ミス(188,192,193,195)

やはり予想通り、TEST2から難易度が一気にUPしましたね。
Andyさんも、iwashimizさんも、
TEST1に比べてTEST2にはだいぶ時間がかかっていたようなので
TEST2は客観的に見てもTEST1よりかなり難しくなっているようです。

感想としては、文章量が多くなったのはもちろんなのですが、
人物が数人登場してそれぞれの担当する仕事を
把握しなければならなかったりなど、文書に含まれる情報が多く、
本文に戻って探すのに手間がかかるのと、
選択肢が選び難く正解の選択肢も微妙なものがあったりします。

復習見直しはほぼ終わりました。
解いてからの復習ですが、
まず分からない単語があれば調べたりしてじっくり精読、
そしてそれから今度はスピードを上げて読む
という手順を踏んでいます。
ただ、この時期なので、調べる単語は全く意味が分からないもの
だけに留めています。

Part7は以前にも記事で紹介したように、
復習の際に理解した文章をスピードを上げて読むことは
スキルアップを図るには非常に大切なことだと痛感しています。


それではまた音楽を2曲お送りします。
あまり知られていないと思いますが、
90年代のCurtis Stigersのシングルから
This Time
それからI Wonder Why



  1. 2013/03/06(水) 00:39:36 -
  2. 未分類 -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:0 -
  5. ↑TOPへ



コクジトジョムTOEICの的中実戦1000第RCのPart7開始!




コクジトジョムTOEICの的中実戦1000第RCのPart7をやっと開始しました。

第1回 54分 4問ミス(170,175,179,189)

170は、一見簡単そうで実は本文中の2つの情報をつなぎ合わせなければ
正答できない問題でした。
ホテルが駅からのシャトルバスを運行しているのでAにマークをつけたのですが、
AのTheyはホテルではなく駅のことを指していたことに答え合わせの時に気づきました。
よく問題文と選択肢を読んでいれば間違うことはないことなのでうっかりミスです。
ただ、ホテルはCastle Empireに近いことと、
Witherrock駅とCastle Seashore駅からシャトルバスを運行していること
の2点を合わせて、
Witherrock駅とCastle Seashore駅はCastle Empireへの主要駅ということ
を導き出すのはちょっと難しいなあと思いました。

175は易しめの問題で頭では完全に正解できていたのですが、
食後で半分寝ぼけていたのか選択肢をDまで読んだ地点で
突然NOT suggested問題であることを忘れてしまったようです。 

179は改めて問題をよく読むとそれほど難しくない問題ですが、
早とちりして最も新しくオープンする予定の場所を答えるべきところを
一番最初にオープンした場所のニューヨークを答えてしまいました。

問題は189なのですが、これは出題ミスではないでしょうか?
会員向けのチケットの発売開始日が当初の11月23日ではなく、
会員更新通知に通知してあるように11月20ということなのですが、
ではなぜ、Aの「11月23日にチケットを購入するのは不可能だろう」
が正解になるのか謎です。
ちなみにこの問題はあのAndyさんも間違えておられます。

コクジトジョム1RC第1回のPart7のみの感想ですが、
Hackers2の終盤易しくなった第7回~10回ぐらいのレベルかなあ
といった感じです。
使われている単語はHackers2より易しく、文章も読みやすい
ような印象を受けました。
ただ、Hackers2も第1回だけはとても易しかったですし、
コクジトジョム1もおそらく第2回以降レベルアップするはずだろう、
と思って待ち受けています。


ちなみに、その前にやっていたHACKERS2RCのPart7の残りですが、

第8回 51分 1問ミス(185)
第9回 55分 4問ミス(158,184,195,196)
第10回 50分 4問ミス(175,176,184,193)

という結果でした。
Hackers2RCのPart7は確かに第8回から急に易しくなったような気が
僕もしました。

Part7に関しては、問題の難易度レベルに関わらず
50分以内にすべて解き終えるようなスピードアップを図ることが当面の目標です。


リスニングも少しずつ進んでいますが、詳しくはまた次の記事にしたいと思います。
Part3&4の設問後読みドリルは、回を追うごとに正答率も上がっていますし、
かなりスキルアップに役立ちそうだと改めて感じています。
Part2は普通どおり一気に解いています。

[コクジトジョムTOEICの的中実戦1000第RCのPart7開始!]の続きを読む
  1. 2013/03/04(月) 01:33:28 -
  2. 未分類 -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:2 -
  5. ↑TOPへ



シナゴンTOEICの950 LISTENINGヘソルジプで設問後読みドリル




先日は注文した韓流本4冊は火曜日に発送され翌々日には手元に届きました。

前回のブログ記事で書いたように注文したのは以下の4冊です。

ETS TOEIC Test RC公式実戦で1000 
コックジッゾムTOEICの的中実戦1000 2 RC問題集
コックジッゾムTOEICの的中実戦1000 2 LC問題集 
シナゴンTOEICの950 LISTENINGヘソルジプ

このうち、シナゴンTOEICの950 LISTENINGヘソルジプを用いて、
Part3&4の設問後読みドリルをやり始めました。
ヘソルジプにはスクリプトの後に設問と選択肢が書かれているので、
設問をワープロソフトで打ち直すなどしない限り、
と模試形式や設問先読みで解くのは不可能です。
もっとも、僕はそのことは十分承知で、多聴や設問後読みドリルの目的で買いました。
どのようにやり始めたかというと、
1問ごとに会話やトークを聞いてからヘソルジプのページに書かれている
設問を読んで解答するという形です。

第1回は
Part3が4問間違い、Part4が3問間違いでした。 
Part2は普通に解いて、だいたい3問前後ぐらいの間違いだったと思います。
Part1はヘソルジプには写真がなくスクリプトのみなので聞き取り確認のみです。

実際の模試演習や本番の公開テストではもちろん設問先読みをしますが、
設問後読みにもある程度なれておくと、
森問題は設問後読みでもほとんど問題なく解けるようになりますし、
木問題も集中して聞いて頭に内容を残すことができれば、
設問後読みでもかなり解けることが実感できますので、
少々先読みがアナウンスに追いつかれそうになったりしたくらいで
それほど焦る必要もなくなり、
より落ち着いてリスニングに集中できようになるのでは、考えています。

今回は12回分のどこまでやるかは状況次第ですが、
とりあえず、来週末までにはサクッと目途をつけて終わらせてしまいたいです。
そして、直前1週間は、コックジッゾムTOEICの的中実戦1000 2 LCと
トマトFinish1000 2 LCで模試演習をしようと思っています。

ところで、コックジッゾムTOEICの的中実戦1000 2 LCですが、
ちょっと不親切で扱いにくい点があります。
というのは、スクリプトが付属しておらず、サイト上からのダウンロードのみ
となっているのです。
スクリプトはPDFファイルでゆとりのあるレイアウトで作成されているので、
そのまま印刷しようとするとかなりの枚数になります。
そこで、Wordを使ってA4袋とじ形式で1回分裏表4枚(16ページ)で収まるように
編集し直しました。
さらに、復習用ファイルですが、01から60までのファイル番号になっており、
41~60は問題番号とずれているので混同しやすいので、
041-043・・・・・・097-100というようにファイル番号も編集し直しました。

一方、リーディングの方は、ようやくコクジトジョムに入ります。
リーディングに関してはまた後日記事にしたいと思います。
  1. 2013/03/02(土) 00:41:14 -
  2. 未分類 -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:4 -
  5. ↑TOPへ


Hisashi

02 | 2013/03 | 04
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。