Keep reaching for the stars of 990 on the TOEIC

4ヶ月の集中学習で過去ベスト860点から昨年1月に960点達成、そして半年後に990点を目標に再出発し12月に985点取得。    9ヶ月間の休養を経て990点満点に向け再々始動します!




スポンサーサイト




上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:-- -
  2. スポンサー広告 -
  3. トラックバック(-) -
  4. コメント(-) -
  5. ↑TOPへ



HACKERS2 Part 7で苦戦しています。




気がつけば前回の更新から1週間以上経っていました。

TOEICの学習の方は相変わらずで、どうもこの時期ややダレ気味になってしまっています。
今月のTOEICの結果が出ればもっと尻に火がつくのだろうけど、
他の同じぐらいのスコアのTOEICブロガーさんが頑張っておられるので、
僕もこのままではいけない、もっとTOEICの学習に集中しなければ!
と自分を奮起させようと思います。

学習の状況ですが、ややリスニングに偏り気味になってしまっており、
シナゴンTOEIC満点の法則問題集(20回分)Part3&4の第7回まで、
音声のみ聞いて、会話やトークの後に流れてくる質問に対して、
自分なりに頭の中でおおまかにイメージとして答えを考えることを
ずっと試しているところです。
リスニングは、実質的に設問後読みに相当するこの方法で、
だいぶ自分なりにおおまかな答えを考えられるようになりました。

一方、リーディングはHACKERS2のPart 7に時々取り組んでいますが、
第6回以降ぐらいから難易度がアップして解くのにやたら時間がかかってしまい
かなり打ちのめされて苦戦しています。

第1回は47分、第2回~第5回ぐらいまでは55分~57分ぐらいで解いていたのが、
第6回は73分、第7回は71分もかかっており全くの論外です。
Part7を解く頻度が減っているのでスキルダウンしていることも
時間がかかっている要因の1つかもしれませんが、
やはり、HACKERS2の後半に差し掛かった第6回ぐらいから、
確実に難易度がアップしているのではないでしょうか?

第6回以降、時間がかかっている要因として、
問題で問われている本文の該当箇所を覚えてきれておらず何度も確認してしまうのと、
選択肢がなかなか絞りきれず2択まで絞って迷うこともよくあるからだと思います。
解いていてサクッと答えられる問題が少なくなり、
どうもイライラストレスを感じてしまうようになりました。

難易度がアップしたからと言っても、
これほど時間がかかっては全くの論外で非常にやばいので
これからリスニングはほどほどにして
もっとPart7の学習にも時間を割いていこうと思います。

では、また遊び心でちょっと洋楽を聞いて一服することにします。
今回はChicagoの曲を3曲UPしました。







[HACKERS2 Part 7で苦戦しています。]の続きを読む
スポンサーサイト
  1. 2013/01/27(日) 01:33:03 -
  2. 未分類 -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:13 -
  5. ↑TOPへ



映画Over The Topのサントラから3曲




TOEICとは関係ありませんが、
ちょっと気分転換に僕のお気に入りの士気が高まりそうな曲をUPします。
英語Over The Topのサントラから3曲
この映画シルベスタ・スターローン主演のアームレスリングをテーマにした映画で
僕も80年代後半当時、この映画を見にいきました。
この3曲の中で特に印象に残っている曲は、
Kenny LogginsのMeet Me Halfwayです。
この曲のビデオクリップに使われている映画の1シーンで
シルベスタ・スターローンが少年と一緒に、道路脇にトラックを止めて、
腕立てトレーニングをしているところが何とも印象深いです。
このKennny Loggins、
あとの2曲を歌っているそれぞれ、Robin Zander(Cheap Trickのメンバー)
Sammy Hager(Van Halenのボーカル)すべて僕のお気に入りのアーティストです。

TOEICに関してですが、
リーディングの韓流模試本が、Hackers 2が半分以上残っており、
あとトマト2、コクジトジョム、エコノミー5は全く手をつけておらず、
3月の公開テスト対策用に教材はたっぷりあるので、
少しずつこなしていこうと考えています。
今月の公開テストのリーディングPart7は文章量が通常の公開テストと比べ
少なかったと思いますが、こんなラッキーなサービスを毎回してくれる訳は
ないだろうと思いますし、次回はきっと文章量が増えるだろうと予想しています。
ですから長文化したPart7に対応できるよう
3月までにきちんと対策しておこうと思います。

リスニングの方ですが、前回のブログ記事で書いたように、
自分が持っていない韓流模試本のMP3音声のみを用いたPart3&4の多聴を
早速試しに始めています。
まあ、多聴というほど多くはないのですが、リラックスしながらも
耳はある程度音声に集中させて聞いています。
現在、シナゴンTOEIC満点の法則問題集(20回分)の第1回、第2回を
聞いているところですが、
CDショップでビートルズのサイン入りCDを求める客の会話や
会社のクリスマスパーティーを開くレストランの予約に関する会話など
けっこう、新鮮でおもしろく楽しめるものだなあと思いました。
マンネリ化した会話やトークのパターンばかりの繰り返しだと面白くないので、
一風変わった内容の会話やトークがあると楽しいものですね。
問題の質問は会話やトークの後に初めて流れ、
当然手元に問題文はない訳ですが、
会話やトーク全体のいわゆる「森」に関する問題は
自分の頭の中でほぼ解答できますし、
細部のいわゆる「木」に関する問題も
自分の頭の中で解答できるものがけっこうあります。
実質的に問題文後読みのトレーニングに近いようなもので、
これはやはり上級者向けにかなりいけるのではないかと思っています。
あとは、Part1&2にあまり手を韓流模試本があるので、
ちょこちょこやっていこうかなあと思っています。







  1. 2013/01/17(木) 01:19:49 -
  2. 未分類 -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:4 -
  5. ↑TOPへ



リスニング上級者向けにPart3&4の多聴をひらめいた!




今日、あれこれ今後の学習について試行錯誤しながら、
韓流TOEIC本の出版社サイトを見て、
いろんな本のPart3&4のmp3音声を試しに聞いていたのですが、
だいたい問題なく聞き取れることに気づき、
これならスクリプトがなくてもほとんど理解できるのではないかとさえ思いました。
そこで、スクリプトがなくてもほとんど理解できるリスニング上級者向けに
次に受験する公開テストまで少し期間があいている時などのために
MP3音声のみを用いたPart3&4の多聴はどうかなあとひらめきました!

確かに中級者までなら、同じリスニング模試本のPart3&4を何度も繰り返して聞いたり、
音読したりすることは基礎となる土台を築くために必要だろうと思います。
しかし、中級者から上級者になると今度はいろんな問題を解いて量をこなすことも
中級者から上級者への壁を破り、高得点を維持するために大切になってくるのではないか
と思っています。

韓流TOEIC模試本のリスニングMP3ファイルですが、
ほとんどの出版社が無料で出版社サイトからダウンロードできるようになっており、
復習用の問題別ファイルもすべて用意されています。
リスニング模試本の問題集が値段の面で少し割高で買いにくかったり、
絶版になっていたりするものでも、MP3ファイルは無料で提供されています。
例えば、絶版になっているシナゴンTOEIC既出問題の再構成2009、2010
それから、リスニングのみのTOEIC模試本にしてはやや割り高に思える
シナゴンTOEICのパート1,2,3,4実戦問題集シーズン3
あと、20回分ものLC,RC完全フル模試が収められておりボリュームがありすぎる
シナゴンTOEIC満点の法則問題集(20回分)
の4冊に関して、試しに復習用問題別分割MP3ファイルをダウンロードしてみました。
シナゴンから出版されているものばかりですが、
リスニングに関してはシナゴンが公開テストのレベルにあっていて
質としてはちょうどいいのではないかと思っているからです。
公開テストよりもかなり難しいレベルだと多聴には向いていないと思います。

ただし、これはあくまで、中上級者向けで
次に受験する公開テストまで少し期間があいている時などに
リスニングスキルを落とさないための提案で、
公開テスト1、2週間前~直前期はもちろん、きちんと本番を想定して
模試本を用いて実戦演習をすべきなのはいうまでもないと思います。

このことを思いついた1つのきっかけとして、
モジルゲ8:2LCのPart3&4も問題にだいぶシナゴンFinal2から
焼き直した問題が使われており、試験当日の朝に解いたものの中にも
いくつかあったのでさすがにうんざりしていたのもあったのかもしれません。

ところで、シナゴンからの韓流TOEIC模試本に関しては
昨年暮れに出版された「シナゴンTOEICの950実戦模擬試験」は注目しており、
機会があれば、自分の財布と相談して問題集を購入を検討しようと思います。
  1. 2013/01/15(火) 02:55:31 -
  2. 未分類 -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:0 -
  5. ↑TOPへ



第177回TOEIC公開テスト受験してきました。




第177回TOEIC公開テスト受験してきました。

会場の大阪経済大学まで
阪急電車で関大前~上新庄、そこから徒歩15分ぐらいで、
11時50分頃に会場に着きました。

朝から予定通り、
シナゴンFinalシーズン2のPart3&4を3セット解いて、
体調もまずまず良好でした。
ただ、シナゴンFinalシーズン2LCのPart3&4は、
昨日解き終えたモジルゲ8:2LCのPart3&4で時々焼き直して使われていたのが、
今日はマイナスに出てしまった感があります。
ちょっとモジルゲ8:2LCはシナゴンFinalシーズン2LCからの
問題を焼き直して使いすぎではないかなあとさえ思いました。
できれば、公開テスト当日の朝は
全く初見の問題でPart3&4に取り組みたかったですね。

それはそうと、今日の公開テストの出来ですが、
一言で言うと、RCが絶好調、逆にLCでポロポロ落としてしまい、
前回と逆転して、完全にRC≫LC、RC大幅高↑↑ LC低↓に
なっていると思います。

LCは個人的には前回よりも難しかったように思います。
Part3&4でちょっと聞き逃したり、解答に迷ったりした問題が、
所々ありました。
LCの大幅ダウンは確実だと思います。

一方、RCですが、
Part5は前後の英文を読まなければいけない単語の意味を問う問題や
その他前後の文脈を理解を要する問題が多くかなり時間を取られてしまい、
Part6が終わったのが、2時10分頃になってしまいました。
特に迷った問題で間違えているかもしれないのは
will have commissionedなどの選択肢があった問題です。
どれを選んだのか忘れたけど、この問題に関しては自信がありません。

しかし、その分ラッキーなことにPart7が超簡単で、
今までの公開テスト受験で初めて時間内に解き終わりました。
Part7を解き終わってすぐに終了のアナウンスがあり、本当にギリギリでしたが
Part7はほとんどすべての問題に関してきちんと根拠を見つけて自信を持って
解答できた自信はあります。
この調子だとPart5&6の出来次第では、
RCは470点ぐらい取れていても不思議ではないだろうと思っています。
先月下旬から年末年始、先週初めまでPart7の対策学習、演習に
集中して取り組んだ成果が表れたのか、
それとも今回の公開テストのRCが全体的に簡単すぎたのか
RCのこのすばらしい出来は自分でもめちゃくちゃうれしいです!

ただ、LCが確実に前回より大幅ダウンしているのは間違いないので、
トータルでは、最悪の場合、前回とほとんど変わらずで、
800点台半ば~後半のスコアかもしれません。
もしかして運がよければ900点のわずかな可能性があるかもしれませんが、
LCのPart3&4で所々迷ったり、Part1&2でも少し迷っているようでは、
今回の900点越えは難しいかなあ。

前回はLCが良くできてRCが10問近い塗り絵で悪く、
かと思ったら今度はRCが絶好調なのにLCでポロポロ落としたり、
なかなかLC,RC両方ともバランスよく好調をキープするのは
難しいものですね。
今回はつくづくそう思いました。
LC,RC両方ともバランスよく好調をキープするのが、
今後新たに取り組むべき大きな課題です。


以上、ひとまず、公開テスト帰宅後の報告でした!
  1. 2013/01/13(日) 17:22:40 -
  2. 未分類 -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:4 -
  5. ↑TOPへ



いよいよ明日、TOEIC公開テスト。




いよいよTOEIC公開テストが明日に迫ってきましたが、
学習状況もやはり計画より大きくずれてしまい、
体調もどうもいまいちな感じです。

学習状況の方ですが、先週ぐらいまでおろそかにしていたリスニングPart3&4を
先月の公開テスト前の本番モードの耳と頭に戻すのに、今週思ったより
時間がかかり、結局今週の半ば以降はPart3&4の演習中心になってしまいました。
根気強くTOEICの8:2の法則LCのPart3&410回分を解いて、
解いた後はもう一度聞き直して確認復習しながら答え合わせをしていました。

この本のPart3&4ですが、シナゴンFinalシーズン2の問題を焼き直したり、
アレンジしたりしたものが時々出てきて、重複した問題はサクサク解けました。
やはり、同じぐらいの難易度レベルの韓流TOEICリスニング模試本同士では、
Part3&4の出題で似たような問題が時々重複するするものなのですね。
この本を解く前に、シナゴンFinalのPart3&4は会話、talkを繰り返して聞いて
復習はしていたのですが、重複している問題はナレーターは違っていましたし、
問題、選択肢も改変されていた部分もあったので、
重複問題に関してはさらに良い復習になったのでは、良い方に考えています。

一方、リーディングの方は、今週前半にHACKERS2の第1回~3回のPart7
を解いたのですが、今週半ば以降は、リスニングPart3&4を本番モードに戻すのに
時間を取られ、Part7はほとんど手つかずになってしまいました。
やはり、年末正月と何かとバタバタしますし、あと1週間あれば
Part7の演習がもっとできて、もう少し万全で臨めてよかったのですが、
今となってはそうは言ってられません。

体調の方ですが、実は9月から10月にかけて前立線炎を発症していたのですが、
どうも先週後半ぐらいからまた少しぶり返しているような感じでちょっと厄介です。
それほど酷くはないので、病院には行っていませんが、ややトイレが近いのが問題です。
取り合えず明日は、朝食後は水分を一切控えてテスト中の2時間
トイレに行かずに何とか持たせるようにします。
思えば、去年は前立線炎がほぼ直った10月末に、次はびらん性胃炎の酷い胸焼けに苦しみ
去年後半は初めての病気に立て続けに2つもかかり体調面で悪い年でした。

明日の朝は、シナゴンFinalシーズン2LCをこの時のために6回分残してあるので、
これに取り組みます。
前回の公開テスト当日の朝はこの本のPart3&4を3回分解きました。
明日も同じようにする予定です。

大阪経済大学へは当初自転車で行く予定だったのですが、
前立線炎には長距離の自転車は良くないので、
大事をとって関大前から上新庄まで阪急電車で行くことも
検討しています。
  1. 2013/01/13(日) 00:25:31 -
  2. 未分類 -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:3 -
  5. ↑TOPへ



根気強くTOEICの8:2の法則RC 全10回Part 7終了




根気強くTOEICの8:2の法則RC 全10回のPart 7演習を終了しました。

以前の記事で書いたように、ちなみにこのシリーズの本の構成ですが、
「根気強くTOEICの8:2の法則RC」にはRC8回分+LC2回分
「根気強くTOEICの8:2の法則LC」にはLC8回分+RC2回分
が収められています。
ですから、実際に取り組んだのは
「根気強くTOEICの8:2の法則RC」のRC8回分のPart 7と
「根気強くTOEICの8:2の法則LC」のRC2回分のPart 7
ということになります。
ここでは便宜上、「根気強くTOEICの8:2の法則LC」のRC2回分を
第9回、第10回としておきます。

この本のPart 7を解いた結果の続きですが、
第3回 55分 4問ミス
第4回 53分 2問ミス
第5回 56分 4問ミス
第6回 51分 6問ミス
第7回 50分 7問ミス
第8回 49分 3問ミス
第9回 48分 5問ミス
第10回 50分 3問ミス
という結果でした。

やはり、この本のRCのPart 7の感想ですが、
全体的に文章の長さはやや短めで問題も易しめなのではないかと思いました。
だんだん、この本のPart 7に取り組み始めた最初よりも
解くのにかかる時間が55分⇒50分と5分短縮できたものの、
公開テストよりやや短め、易しめだと感じていますので、
この次に取り組むHackers 2のPart 7は明らかにこれよりも
文章が長いめで難しめのようですので、どれだけ太刀打ちできるかが問題です。
今の易しい問題でペースだと、難しいHackers 2では、
またPart 7を解くのに55分ぐらいかかるかもしれませんので、
気を引き締めて取り組みたいと思います。

 
ところで、今日で公開テスト1週間前ですが、
これからどのように問題を取り組んでいこうか検討しているところです。
取り合えず、今月の公開テストに関しては何とか900点以上に乗せることが目標で、
今回に関してはそれ以上の高い目標は望んでいません。
ですから、12月のスコア結果から単純に考えると、
リスニング475点はキープしつつ、
リーディング400点をあと25点アップさせればいいので、
そのため目的に特化した演習、復習をすればいいのではないかと
考えているところです。

最近、リスニングの対策がおろそかになっていますので、
リスニングのスコアをキープするための対策もしなければいけない
と思っています。

ですから、これからは、Part 7の演習&復習にあてていた多くの時間をいくらか減らして、
その分、またリスニングの復習&演習にも取り組んでいこうと考えています。
  1. 2013/01/06(日) 17:12:11 -
  2. 未分類 -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:2 -
  5. ↑TOPへ



第176回TOEIC公開テストの結果速報を確認しました。




PCの前で待ち伏せて、
12:00ちょうどに先月の公開テストのネット速報を確認しました。

試験回数   試験日   LISTENING READING TOTAL
第 176回 2012/12/09   475     400    875

久しぶりに受けた去年3月の795点への陥落から
一気に800点台後半回復、4年前の自己ベスト15点更新です!

先月の9ヶ月ぶりに受けた公開テストは、
リスニングPart 3&4のみの対策で、
リーディングは全くのぶっつ本番、
Part 7は10問ほど塗り絵をしてこの結果ですので、
トータルのスコアにも満足しています。

それにしてもやはり、リスニングに関しては、
易しめの韓流本を用いて対策した効果はバッチリでした!
Part 1で3問は間違えたと思いますし、
緊張で過呼吸気味になり、これは少し体調がやばいかもと思い、
終始息を整えながら、すぐ目の前にある大音量のボーズスピーカーの
うるさすぎる音声を聞いてリスニングテストを受けるという、
最悪の条件でのリスニング自己ベスト475点は、
自分でも立派だと思います!


以上、第176回TOEIC公開テストの結果速報の報告でした。
  1. 2013/01/04(金) 12:38:19 -
  2. 未分類 -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:4 -
  5. ↑TOPへ



明けましておめでとうございます。




明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

元旦は夕方から妹夫婦が5歳の娘と1歳の息子を連れて家に来て、
賑やかにお節料理を食べました。
石井食品の通販で注文した25,000円のおせち料理も美味しかったし、
うちの親が作った合鴨つくね鍋も美味しかった。
それにしても1歳の甥の成長はすごい。
ダダは一切こねないし、自分で周りのものを使って体を動かす遊びを考えて
一生懸命1つの遊びに集中して何度も繰り返し、終わったら自分で拍手をしていました。
これから周りの大人が上手く関わって甥の能力を伸ばしてあげることができれば、
きっと思考力のある賢く運動もよくできる活発な子に成長するだろうと思いました。
これからの甥の成長がますます楽しみです。
僕はお腹いっぱいになり夜10時頃に寝てしまい、9時間以上ぐっすり眠りました。

元旦の昼間に「根気強くTOEICの8:2の法則RC」の第3回のPart 7、1セットだけやり、
やはり55分かかり4問間違いでした。
この問題の中で、元旦早々から初めて見るような悪問に出会いました。
正解の選択肢の語句がunclearというものですが、
実際の公開テストで正解の選択肢の語句がunclearということはありうるのでしょうか?
サイト上で公開されている解説を日本語に翻訳したところ、

188。 [Where詳細問題]
Where is someone from?は、その人がどこの出身かという意味なのにメールではトロントで広告を見たしただけで、本人がどこの出身かは言及がされていないため、正解は(D)である。

解答の手掛かりとなりそうな根拠は
「Toronto Sentinalという新聞でこの求人広告を見ました。」
という箇所で、ひっかかりそうな点は、勤務先となる場所が香港だということです。
確かに、例えばNew York Timesがニューヨーク以外でも入手できるのと同様、
Toronto Sentinalもトロント以外の都市でも入手できるだろうし、
必ずしもToronto Sentinalの読者がトロント出身とは限りませんね。

その前の日の大晦日ですが、朝は近所のスーパーに買い物、
午後は梅田の百貨店での親の買い物の荷物持ちに付き合うことになり、
TOEICの学習をしたのは晩御飯の年越しそばを食べてからやっとでした。
ところが、すっかり満腹になってすぐにPart 7模試に取り組んだら、
途中で強い眠気に襲われて全く集中できず、 うとうと、もうろうとしながら
「根気強くTOEICの8:2の法則RC」の第2回のPart 7、1セットしたところ、
75分もかかってしまい、6問間違いでした。
こんな結果では酷いありさまで論外です。

今年は、まず1月のTOEICで900点以上を目指すことが大きな目標です。
もともとは今の年度末の3月までにTOEICで900点以上を取ることが目標だったのですが、
考えてみると3月の公開テストは受験しても結果が出るのは4月になってしまい、
記録上は3月に受験した結果として残るものの、これでは結果が出るのが遅いです。
あくまで、3月の公開テストは自分の中では、
1月の公開テストでもし900点以上を取れなかった時のための補欠試験として
位置づけたいと考えています。

今、取り組んでいるPart 7のみに特化した演習で、
何とか50分以内にきちんと内容を理解して読んで全問解くことが
問題に取り組む上での目標です。
今のところ55分かかっているのは変わらないものの、
本文への理解度はアップしてきているような気がしています。
あとは今の理解度をキープしながら、あと5分時間短縮できるかが最大の鍵です。


※ 先ほどこのブログ記事を見直したら、脱字、重複語句に気づいたので、
  一部修正しました。



  1. 2013/01/02(水) 16:25:09 -
  2. 未分類 -
  3. トラックバック:0 -
  4. コメント:4 -
  5. ↑TOPへ


Hisashi

12 | 2013/01 | 02
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。